2007年09月20日

遅すぎる報告(その2)

以前、みなさんに「補聴器の情報をください」と、お願いしました。
すぐに、いろいろと情報を寄せてくださったおかげで、
とても参考になり、落ち着いて、
父の新しい補聴器選びを、することができました。
本当に、ありがとうございました。

報告がとても遅くなってしまいましたが、
その後のことを、少し書いておきたいと思います。

なぜか、頑固に拒む父を説得して、
とりあえず、どんなものなのかを見てみようよ!ということで、
ちょうど「補聴器フェアー」をやっていた、
近所のメガネ屋さんに行ってみました。

そこにも、専門に扱える資格をもった担当者さんがいらっしゃいました。
手馴れた感じで、試聴させてくださいました。
おすすめは、ネットで調べても出てきていたR社のものでした。
値段は、やはり結構かかってしまうものでしたが、
効果は、かなり期待できると感じました。

でも、慎重に事を運ぶべく、その日は契約はやめておきました。
聴力検査からやって、調整してくれるので、
特に耳鼻科の検診は、勧められは、しませんでした。

だけど、やっぱり気付かぬ病気や他の原因がないかどうか、
耳鼻科にも行っておいたほうがいいだろうということで、
耳鼻科にも行きました。

耳鼻科の先生は、「あまり高価なものはどうだろうか?」
というご意見でした。
車に例えられて、値段の違いは、
普及車と高級車との違いのようなものとの見解でした。
確かにいろいろな機能がついてはいるけれど、
それが聞こえにとって、本当に最低限必要なものかどうかは、
疑問であると・・・

なお落ち着いて、慎重に選ばなければ!と思え、とてもよかったです。
他には何も耳鼻科的な問題は、ありませんでした。

メガネ屋さんでは、家に持ち帰っての試聴はさせてもらえませんでしたが、
ネットで調べると、どうやら1週間ほど実際に使わせてもらえる、
試聴のサービスがあるようなので、
それをさせてもらえるお店を探しました。

私は知らなかったのですが、補聴器には、
「認定補聴器専門店」というものがあるということがわかりました。
全国的にも、そんなにたくさんあるわけでもないのですが、
比較的実家から近いお店を探し、行ってみることにしました。

今までの経緯を話すと、とても丁寧に親切に、
補聴器のことを教えてくださり、
家に持ち帰る試聴もさせて頂けることになりました。

さすが、きちんとした協会が認めている専門店とあって、
補聴器だけを扱っているし、検査などの設備も整っていて、
とても安心できる感じがするお店でした。
アフターフォローが大事なので、それをすべて無料で、
しっかりさせていただきますから!とおっしゃる担当者の方も、
とても誠実そうで、熱心に仕事をされているのがよくわかりました。

やはり父にとってのおすすめは、メガネ屋さんと同じR社のものでした。
2軒ともそれを勧めてきたということで、かなり信憑性があると思えました。

ほぼ決めつつあるところで、値段の比較なのですが、
メガネ屋さんでは、フェアーをやっているということもあって、
かなり捨てがたい値引きがありました。
でも専門店では、一切値引きはやっていませんとのことでした。
その分は、アフター代だと思って欲しいとのことでした。

しばし迷いましたが、母、私、そして父の3人の意見も一致して、
その専門店で購入することに決めました。

いろいろと説明を聞いているうちに、補聴器本体の機能もですが、
それをひとりひとりに合うように調整することが、
とても大切なんだということがわかったからです。
専門店の持っている情報と、ノウハウ、
何十年もその道一筋にやってこられた、
その技術に期待が持てると感じたからなのでした。


※長くなりましたので、つづきは次の記事に書きますね。











posted by たっちー at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56192349

この記事へのトラックバック

子どものアトピー、ぜん息、アレルギー 「
Excerpt: 著者は免疫学の第一人者の安保新潟大学教授と交流のある方。娘が喘息様気管支炎と診断された為、とにかく知識を増やそうと読んだ本。よく眠らせる、たっぷり汗をかかせる等、周知のこともあるが、食事の具体的な改善..
Weblog: 病気を...
Tracked: 2007-10-02 06:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。