2013年02月15日

やっぱ、ダメだー

にが〜いよ〜〜
それは、私にとっては「まずい」ってことと同意語・・・

コーヒーの話です・・・

にがい=まずい の私には、まったく魅力のない飲み物であるコーヒー。
でも、よく言われます「コーヒーでいい?」
こう言われると、「はい」って言っちゃうんだよね・・・
まぁね、飲めなくはないです。
でも、けっして美味しいとも思わないけど・・・(笑)

なのになぜか、今日はちょっと入れてみた。
自分のためだけに・・・
一人で過ごす午後なのに・・・ ほんとうにめずらしいこと・・・

だけど・・・
まずかったーバッド(下向き矢印)
これのどこが美味しいんだろうか??
にがーくて、まずいんだけど。。。

仕方なく飲んでるけど(笑)
きっと、当分のあいだ、ずーっとまた、自分のためには入れないと思う。。。(笑)

紅茶と日本茶(全般)が好きです♪
(そっちのほうが、にがいよ! と言われた経験あり・・・ そうかなぁ?)
posted by たっちー at 15:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前の記事にコメントさせて頂きました濱本と申します。読んで頂けるか不安だったのでこちらにコメントさせて頂きました。

大腿骨壊死についてのブログ読ませて頂きました。私は今日医師からMRIの検査結果で聞いたばかりで不安しかありません。でも読んでいて頑張ろうと思えました。ありがとうございました。いきなりで本当に失礼だとは思いますが、大阪の病院と先生を教えて頂ければと思いコメントさせて頂きました。どうぞお返事よろしくお願い致します。
Posted by 濱本 at 2013年07月11日 17:20
濱本さん、コメントありがとうございます。
このブログも、すっかり放置状態で、
今、初めてコメントを読ませていただきました。
対応が、遅くて申し訳ございません。

同じ経験をした者として、この病名の残酷さは、
少しわかるつもりでいます。
私は今現在も、このまま病状は進行しておらず、
痛みは未経験のままで、今は通院もしていませんが・・・

私の主治医の先生は、兵庫県内(大阪寄り)の病院に異動されていらっしゃいますが、
それでもよろしかったら、病院名と先生のお名前をお教えしたいと思います。
ですが、ここにそれを書くのは、控えさせていただいています。
皆さんにも、そうしていただいているのですが、もう一度コメントをいただき、
その際に、濱本さんのメールアドレスを入力していただけないでしょうか?
(当方の管理画面からしか表示が見えないようになっていますので、ご安心ください。)
そのアドレス宛に、個人的にお知らせしたいと思います。
どうぞ、ご理解いただき、よろしくお願いいたします。

小さなお子様もいらっしゃるとのこと、
今は不安な気持ちでいっぱいのことと思います。
ステロイドをたくさん飲まなければならなかったような、
大きな病気をされたのでしょうか?
どうぞ、おだいじになさってくださいね。

特発性大腿骨頭壊死は、国が指定する特定疾患に入っていますので、
日々、専門とされる先生方のチームによって、研究がなされているそうです。
私が情報を得たような時期からは、何年も経っていますので、
また治療方法も、新しく良いものが出ているかもしれませんね。
どうぞ、希望を失わずに、できるだけ専門の医師の診察を受けてみてくださいね。
それは、セカンドオピニオンとしてでもいいかと思います。
私も、何度かそうして、それぞれの専門の先生のご意見をお聞きして、
何よりも自分自身が納得して、治療が受けられるようにしてきました。

そして、先生方は皆、その行動には賛成してくださいますよ。
どの科の先生にでも相談すれば、たいてい快く、
こちらが指定する病院に紹介状を書いてくださいます。
そうして、新しい病院に行くと、事がスムーズに進むのでおすすめです。

では、メールアドレスをお知らせいただくコメントをお待ちしていますね。
こんな拙いブログを読んでいただいて、
ほんの少しでも元気が出たと言ってくださるのなら、
削除せずに残していてよかったと思えます。
ありがとうございました。
Posted by たっちー at 2013年07月14日 22:55
お返事頂きありがとうございます。

今は通院もせずに暮らしていらっしゃるという事で私は時間はかかるかとは思いますがもしかしたらと本当に希望が持てます。
私の場合は壊死部分が狭くはないらしいので、良くなる事は難しいかもしれないですが、たっちー様のようにたくさん調べて納得行くまで頑張りたいと思います。

ぜひ教えて頂ければ有り難いです。
優しいお言葉本当にありがとうございます。
Posted by 濱本 at 2013年07月17日 20:53
アドレス載せるところ間違えてしまいましたか?
表示してしまいました。
Posted by 濱本 at 2013年07月17日 20:54
アドレス記録用
Posted by 濱本さん at 2013年07月17日 21:13
濱本さん、お返事ありがとうございます。
メールアドレスは、編集で消しておきました。
管理画面からだけ見えるように記録しましたので、大丈夫です。

私の場合は、普通ではたぶん見つかっていないような状態なのを、
主治医の先生の熱心な、投薬後のフォローで見つけていただきました。
さいわいにも、壊死部分が表面には及んでおらずに、
痛みなどの症状がないままに、今日まで過ごしてきました。
濱本さんのケースとは、また違った経過をたどるのかもしれませんが・・・

でも、原因などもまだはっきりとは、わかっていない、
謎めいた病気で、大変戸惑われるお気持ちは、よくよくわかります。
ぜひ専門の先生のご意見を伺ってみてください。
間違いなく、納得に一歩近づけるはずです。

では、お教えいただいたアドレスにメールを送らせていただきます。
よろしくお願いいたします。
Posted by たっちー at 2013年07月17日 21:29
編集して頂きありがとうございます。

素晴らしい先生に出会えていて
とても羨ましいです。

今日専門の先生へと紹介され初めてみて頂いたのですがすごくマイペースでしたが優しそうな先生で少し安心しました。

この病気とは長い付き合いになると思うので私も信頼できる先生に巡りあえればいいなと思います。

ではたっちー様がお時間あるときで結構ですのでメールよろしくお願いします。
お待ちしております。
濱本
Posted by 濱本 at 2013年07月17日 22:49
濱本さん、先ほどメールを送らせていただきました。
無事に届きましたでしょうか?
ご確認、よろしくお願いいたします。
お近くに専門の先生がいらっしゃるのなら、
その先生に担当していただくのは、何かと都合がいいかもしれませんね。

前の記事にも書いていたと思いますが、
主治医の先生方への信頼感も、すぐに持てるものでもなく、
いろいろな場面にも遭遇して、その時どきの先生方の言動を見聞きして、
たくさんの時間を費やして、徐々に信頼していけるものと思っています。

私も、いつも病院にかかるとき「もしも先生を信頼することができなければ、
病院をかえてみよう」と思いながら通い始めます(笑)
めったにそういうことにはなりませんが・・・
それには、医師と患者って、相性も大事だと思うからです。
有名で立派な先生かもしれませんが、お会いしてみると、
何とも話しにくくて、とても続けて通う気持ちになれなかったこともあります。
人と人ですから・・・ そんな相性も大切ですよね。

濱本さんも、早くその不安な気持ちもやわらげてくれるような、
良い先生に出会われるといいですね。

どうぞ、おだいじに。
また、通院の報告や新しい情報も、ここに書き込んでいただけたら嬉しいです。
こうやって、情報が必要な方々が、きっといらっしゃいますから。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by たっちー at 2013年07月17日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック