2012年01月17日

何のために「忘れない!」のか・・・

今年もまた、1月17日が巡ってきた。
あの日の今ごろは、大きな恐怖と不安に包まれていた。
夫は朝から出勤して行ったため、
7歳と5歳の子どもを抱え、
「置いても連れても、どこへも行けない!」と、
ほとんど何の行動もとれないでいた・・・
水道が止まっていたので、水の確保も必要だったのだが・・・

本当に、「忘れられる経験でもない」し、
「忘れてはいけない!」と、そう思ってきた。

でも、それは何のために?!

同じ惨劇を繰り返さないために!!ではなかったのか・・・?
多くの犠牲をもってしても、17年もの間に、
私達がしてきたこと、できたことは、何だったのか?!

何も学べていなかった!! 本気で取り組んでいなかった!!

そう答えが出たとしか言いようのない事実が、そこにはあった・・・

2011年 3月 11日

さらに信じられない惨状が、目の前にあって、
やっぱり何もできない自分が、そこに居た。

世界的にも先進国と呼ばれるこの日本国内で、
本当に17年かけて準備できたことは、これっぽっちのことだったのか・・・?

自然の猛威に対しては、人間など無力だ! いつもそう言って諦めてしまうのか!

大地震が起こるたび、こんなにも多くの悲劇を生み出し、
そして皆が口々に言うのだ「忘れてはならない!」と・・・

「忘れない!」それだけでは、何の役にも立たない!!
同じことを繰り返すだけだ!
「忘れてはならないこと」が、増えていくだけだ・・・

あの日、今度はほとんど影響のない地域にいて、
その事実を知り、本当に「悔しかった!」

失望で愕然とした・・・

「忘れない!」それだけでは、こんなに無意味なことだったのかと・・・

自分の17年を振り返っても、何もできていない。
恥ずかしい限りである・・・

自分のできる範囲でかまわない。もっともっとできることがあるはずだ!

それを探す知恵を持ち、行動する勇気を持たなければ・・・
posted by たっちー at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246735836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。